かがわ発見ゾーン

もっともっと知っておきたい香川県。旅するあなたにも地元のあなたにも必見コーナーです。

自然やお祭り、イベントから特産品まで、すでに知ってる香川も知らなかった香川も、多彩なかたちで詳しくご紹介&ご案内。
ぐりるとひと巡りすれば、それだけでも、きっと『香川を旅した』気分に!

“昔の駅前風景と古い駅舎から古き香川へ出発!(6)讃岐こんぴら駅

古今、多くの人々が訪れたこんぴら参詣の最寄り駅「琴平」。今はもう無い古い駅舎を雰囲気そのままに再現。但し、駅舎の外、左右にひろがる写真は高松駅周辺の昔の風景。合わせて懐かし、タイムトラベルを。

瀬戸の島々の紹介ビデオ
<さぬき瀬戸の島々>ダイジェスト版
動画をこちらからお楽しみください。
※ 動画は、Windows Media Playerで再生されます。

旅と言えば、まずはホテル。駅前すぐです。(7)〈UMAGENA HOTEL〉

「UMAGENA(うまげな)」…?讃岐弁で言うところの『けっこう良い!』ホテル。
客室まで入れば覗きレンズの中には島々の風景。
香川の島のことなら、なんでも分かります。

旅の始まりは、かつての一大娯楽拠点から。(8)〈おとっちゃま館〉

かつては、映画(cinema)と言えば、老若男女を問わない一大娯楽。
そこでぜひ入館したい、昭和初期の造りが心にホットなcinemaの「おとっちゃま館」館内では香川の伝統的祭りをご紹介。

四季折々の香川の表情を。(9)〈kekkoi写真館〉

街の中には写真館だってあります。
中に入ってみれば、香川県の名所をはじめとする観光ポイントなどが歳時記に基づいて紹介されています。
あなたの中の“心のふるさと・香川”をぜひ見つけてください。

のぞき見るウインドーの中に鎮座するのは…?(10)〈エレキテル電器店〉

テレビが贅沢品だった時代のテレビがさりげに座る、昔は最先端だった「ウインドー」。ガラス超しに覗いてみた旅人が目にするのは、香川県内各所を舞台に撮影された映画の案内。
ロケ地巡りの参考にどうぞ。

知る人ぞ知る、文学の町・香川県。(11)〈きまい堂コーナー〉

古書店を思わせる味わい深いたたずまい。
中に入れば、 明治の文豪にして文学界の大立者・菊池寛、「二十四の瞳」で知られる女流作家・壺井栄…「香川県って意外に文学の里!」と知る展示。
文学巡りをゆっくりと。

のれんをくぐれば気分もほんわり。(12)〈まける湯〉

自宅のお風呂がない家庭の多かった時代、ご町内に必ずあった銭湯はみんなの社交場。のれんをさげた入口の風景もほんわり懐かしく…。
まける湯は香川の祭り紹介コーナーのもう一つの入口です。

つるつるっとやれば、麺のお尻がぴっと跳ね…!(13)〈ぴっぴ屋〉

「ぴっぴ」は、うどんの讃岐弁幼児言葉。これを抜いて讃岐は語れません。
のれんくぐれば、香川県のどこにでもある「うどん屋」店内の雰囲気。
さぬきうどんならではの「セルフ方式」をマスターするためのパネルも展示。

主役・脇役…讃岐産の美味さがずらり!(14)〈香川の物産・特産品〉

「これって香川県の特産だったんだ」と、身近にある味と思わぬ再会もありそうなワンコーナー。
うどんだけじゃない讃岐の「美味さ」が主役・脇役の顔ぶれもにぎやかに!お土産の品定めをするにも、お役立ちです。

伝統の味わいはひたり見とれる価値あり。(15)〈香川の伝統的工芸品〉

讃岐漆器や讃岐一刀彫、渋うちわなどなど、日本の味わいをその身に深く宿した技の特産品が勢ぞろい。
高級品から庶民派生活雑貨までそろって生活提案まで。
多彩な技をじっくりご覧ください。

次々と変わる画面に香川の自然がいっぱい!(16)〈香川の自然〉

香川県の豊かな自然を映像でご紹介するコーナー。
画面の前のソファーでくつろぎつつ眺めれば、美しい自然風景を独り占めした気分。映像をBGVにしての一息にも最適で、心もゆったりほぐれていきます。

その不思議で美しい音色は香川から…!(17)〈「サヌカイト」コーナー〉

叩けば美しい音を響かせる香川県特産の岩石・サヌカイト。
こんな不思議な石ができた科学的理由や石の特性など、ちょっとした香川のサイエンスカルチャーを。
サヌカイト製“石琴”を実際に叩いてみることもできます。

発見!懐かし香川のワン・シーン

昭和の前半までの生まれの方にはひときわノスタルジック“画面”。
きょうもご町内のどこかで上演準備中。
ぜひ来館して探してみてください。

かがわプラザ
トップページ
インフォメーションゾーン
かがわ発見ゾーン
かがわプラザ探検隊
かがわプラザブログ
リンク集
施設ガイド
かがわ国際会議場・展示場
多目的広場・アート広場・大型テント広場
デックスガレリア

このページの先頭へ